重曹が放射能対策となる

重曹(→苛性ソーダ+CO2)が放射能対策となる


健康と医療(全般) ブログランキングへ

重曹(NaHCO3)( → 苛性ソーダ + CO2=NaOH + CO2)を飲みこむと(苛性ソーダ自体を飲みこむと大変危険.重曹として飲みこむ事)、人体内の水分に解けて
NaOH -> Na+ + OH-
へとイオン化する。そのようにイオン化する際に、血液中にウラン、プルトニウム、ストロンチウム、セシウムのような重い放射性元素の原子がイオン化して有ると、「イオン化傾向」がこれ等重い放射性元素と比較して、単なる水素Hよりも高いNa[註]は強力に水に解けてNaイオン=Na+へと転じ、その代わりに今迄イオン化していたウラン、プルトニウム、ストロンチウム、セシウムが非イオン化合物
UOH, PuOH, SrOH, CsOH
へと析出し、尿に捕獲されて体外へと放出されるからである。
[註]イオン化傾向
Na > …..> H >……..Sr,…Cs,….,U, Pu

ストロンチウム、セシウム、ウラン、プルトニウムを沢山吸い込んでしまったと思われた時には、重曹を呑み(飲み方は1~2グラムの重曹をコップ一杯の水で飲む)、その直後には尿療法は止めて、少し経ってから尿療法を再開する、と言った具合に、必要と有れば変わりばんこに重曹と尿療法を交代させれば良い。

以上 http://ameblo.jp/allahakbar231… から抜粋

『飯山一郎氏の懐中の物{豆乳ヨーグルト}を 日本がん難病サポート協会名誉会長Dr佐野千遥が批評!!』
飯山一郎氏の懐中の物・豆乳ヨーグルトを日本がん難病サポート協会名誉会長Dr佐野千遥が批評!          日本がん難病サポート協会名誉会長:Dr佐野千遥 …

体内に取り込まれてしまった放射性物質を排出する方法です。


健康と医療(全般) ブログランキングへ

放射性物質は大気から直接吸い込む場合や、野菜等の食物に付着したものを一緒に摂ってしまう事があります。しかしその時々の量が本当に微量であっても毎日の生活の中で一度取り込まれた放射性物質は体内に定着し蓄積されます。

ですから日常時々このような方法で体内環境の洗浄を行う事は健康の為には良いと思います(重曹はアルカリ性でもあります)。水で飲む場合の注意点としては、飲み過ぎるとナトリウム(塩分)の過剰摂取になる事がありますので留意する必要はあります。

野菜(果物)に付着する放射性物質の除去は予め調理する前にボールなどに入れて重曹水で洗浄する方法も効果的です。

ちなみに放射性物質の種類にもよりますが体内に取り込まれても一部は代謝又は皮膚や排泄によって体外へ排出されるものもあると聞きます。

放射性物質は眼には見ず感じる事が出来ないものです。測定器で測らない限り存在を確認する事が出来ません。ですから日常生活で気が付かない内に体内が汚染されている可能性はあると思います。

管理人は「日本薬局方 炭酸水素ナトリウム」を購入して、付属のサジ1杯(1.5g)分をペットボトルの水で毎日1ヶ月間飲んでみました。特に身体には血圧の上昇等の異変はありませんでしたので、今度また続けようと思います。

重曹には、掃除用と第3類医薬品のものがありますが、掃除用は不純物も含まれる可能性があるので第3類医薬品の方を使用すると良いと思います。

第3類の重曹はドラッグストアや通販ではアマゾンでも購入が出来ます。野菜の洗浄にも使う場合は小箱ですとすぐになくなりますので下記の500gがお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました