癌細胞は42.5度以上になれば必ず自壊する(Dr佐野千遥)

癌の温熱療法について、今回は『ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派Dr佐野千遥』の貴重な見解を掲載します。

癌は温熱療法でほぼ100%治せる!ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派Dr佐野千遥より転載

ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派論文審査員:ドクター佐野千遥

第1章:癌は温熱療法でほぼ100%治せる!

医師で有りながら統合医療に加担する宗像久男先生(ソマチットについても「古代生命体ソマチットの謎」という著書を冬青社から出版している)にお会いし、長時間の討論の結果、物理学者の私・佐野千遥は癌についての貴重なる情報の開示を受けた。それは、「癌は温熱療法でほぼ100%治せる。」「癌が不治の病と看做されているのは、皆さんがそれを知らないからか、医者が認めようとしないからだ。」という

「癌細胞は42.5度以上になれば必ず自壊する。」

「であるから、私は癌患者さんには、風呂に入って貰ったり、遠赤外線を照射して温度を上げることにより癌細胞を自壊させる治療方法を取っている。」

「癌患者さん達は、癌腫瘍に遠赤外線を照射すると42.5度程度でも「熱い!熱い!」と言いますが、そこは少し我慢して頂いて、遠赤外線の照射を実施します。」

「しかし風呂や遠赤外線を長時間やれば、癌を急速に治療できるかというと、そう言う訳ではない。」

「余り一度に大量の癌細胞を死滅させると、腎不全、心不全で患者が死亡するので、気を付けねばならない。温熱療法は徐々に遣ると大きな効果が出て、癌を必ず消滅させる。」

 

<以下は私・佐野千遥の反エントロピー物理学による医学現象の解説>

健康な人なら42.5度程度では普通「熱い」とは感じないのに、癌患者の場合に42.5度程度で「熱い!」と言うのは、其れほどまでに癌細胞というものが生命の根幹に食い込んでしまっており、生命の側が癌細胞を生命の一部と看做してしまう程に生命の根幹を劣化させている。

一つの癌腫瘍を温熱療法で跡形も無く治癒しても、癌患者さんの生活習慣が改まらないならば、又再び別の癌に苛まれる事になるのだから、このような生命の根幹を蝕むものを切り離すためのあらゆる統合医療的手法(AWG、波動水、気功の手翳しによる温熱療法、タヒボ茶等の漢方、針灸、副交感神経を活性化するための呼吸法 [解糖系の無酸素呼吸でなく、ミトコンドリアを使う酸素呼吸]、音楽療法、音叉療法等)が推進されるべきなのである。

タイトルとURLをコピーしました