『フリーエネルギーとUFO』〜佐野千遥博士へのインタビュー

この記事は約4分で読めます。

スミルノフ物理学の宇宙物理学は、宇宙は当初全宇宙の全質量が集中した1点から爆発して生じたとする「ビッグバング理論」を真っ向から批判し、宇宙はその始原に於いて大きな大きな巨大な光り輝く太陽であったが、その巨大太陽が次第に半径を縮めて行き、黄金比まで半径が縮む度毎に、その表面から星を崩れ落とし、その崩れ落ちた星も次第に半径を縮めて行き、黄金比まで半径が縮む度毎に、その表面から星を崩れ落とし、等々としており、当初宇宙半径が無限大に近い程巨大である事、その後半径が縮んで行く事、半径が黄金比に縮む度ごとに、その表面から星が発生する事を、上述したニュートンの動的作用反作用の法則F1×v1=-F2×v2 から、数式的にも導き出してある。

我々の太陽系においても、現在の太陽と海王星の中心を結んだ距離を半径とする巨大な太陽が当初存在し、その太陽が質量変化が無いまま、半径を徐々に縮小していき、黄金比の割合に縮小する度毎に、その表面から新たな惑星を生み出していった。佐野教授は2011年11月に上記の黄金比モデルに則って、現在の太陽の半径が太陽の中心と金星を結ぶ距離の黄金比黄金比に丁度なっているから、まもなく太陽表面から星が生まれる事を科学的に予言し、翌年2012年3月11日、NASAが「太陽表面から小球が発生!惑星はこのようにして生まれるのか!」と報じた。

月が地球の衛星としては大きすぎる事が従来から問題になっており、また前述のモデルによって水星の直後に太 陽から誕生したはずの惑星が、彗星・太陽間距離の黄金比半径の軌道上に現在存在していない事から、月とは水星のその内側黄金比半径の軌道上に誕生後、何らかの影響によって軌道を外れ、金星に接触し、金星の自転軸を横倒しにして自転速度を極度に遅くし、月は金星との接触によってその表面に平らな部分が出来、その後地球の引力に捉えられ現在のように地球の衛星と成ったとの仮説を取っている。

海王星を生んでからの永い永い年月の間、大きな質量を持つヘリウム原子核宇宙線として大量に放出し続け、強力な光をE = m * c^2のエネルギーとして放出し続けて来た、その結果、“エネルギー保存則”なる物が今仮に正しいとすると質量が大きく減っていなければならない筈(はず)の太陽が、遠い位置に有って公転している巨大な質量を持つ海王星を、今も尚(なお)、海王星誕生時と変わらぬ引力で何故繋ぎとめていられるのか、という疑問が当然の事として浮かび上がる。

何故繋ぎとめていられるのかの問いに“エネルギー保存則”を金科玉条の如く信奉するカッコ付「正統派」現代物理学派は全く答えられないし、エネルギー保存則が正しいと信奉するからこそ、そして20世紀初頭以降、真空空間にエーテルが存在している事をカッコ付「正統派」現代物理学会は否定するに至ったが為に、正に説明できない。スミルノフ学派は太陽の中に流れ込む物が有るから太陽の質量が減らないのだ、と主張する。昔々ガリレオ・ガリレイピサの斜塔の天辺から、今、大きな鉄球と小さな鉄球とを、同時に上から落すが、どちらが先に着地すると思うか、と下に集まっている群衆に訊いた。

群衆は“そりゃあ、大きな鉄球に決まってるだろ!”と答えたが、二つの鉄球は同時に着地した。ずっと後に成って、アインシュタイン重力レンズ効 果の実験をした。太陽の真後ろに位置する星は、光は直進するのだから、普通は地球から見えないはずだが、星から太陽の脇を通り抜けようとした光の光子は質 量が0で有るにも拘らず太陽の重力で落下し、光は屈折する。質量が大きかろうが、小さかろうが、ゼロであろうが、物体をがばと掴んで地球の中心、太陽の中 心へ向かって流れ込もうとする何物かが真空空間に存在している。そしてその星の中に流れ込む何物=エーテルが星に質量を供給している。

数学の整数値整数論フェルマの最終定理から、エーテルの存在証明が導かれる。光は直線の形をした光線の束の形をしている。つまりエーテルとは繊維の形をしている。磁場には曲線の形をした磁力線が有る事が観察される。つまりエーテルとは繊維の形をしている。重い原子核に対して、ガンマ線が一番内側の電子軌道より内側で原子核の外側すれすれの所を通過しようとすると、そのガンマ線が消えて、真空中から電子と陽電子が出現する。質量を持った電子と陽電子が真空中から出現する。この現象は“対生成”と呼ばれる。これは、エーテル繊維が一所に蜷局を巻いて質量粒子=磁気単極子=宇宙唯一の素粒子を成す事を意味する。S極磁気単極子の周りにN極系エーテル繊維=電荷が巻き付いた物が電子であり、N極磁気単極子の周りにN極系エーテル繊維=電荷が巻き付いた物が陽電子である。中性子はS-N-Sの磁気単極子から成っており、陽子はN-S-Nの磁気単極子から成っている。

タイトルとURLをコピーしました